全学統一ID基盤HP

全学電子認証システムとは

 全学電子認証システムは,全学統一ID基盤を構成する重要なサブシステムです。

 本学の全構成員に配付された情報システム共通のID(広大ID)とパスワード等を保持し,本学が運用する情報システムからの問い合わせに対し,当該情報システムを利用しようとしている者が構成員本人であるか否かの認証を行います。
 また,全学電子認証システムが保持する構成員の人的情報(身分,所属,在籍等の状況)については,本学の人的情報を一元管理する全学統一ID管理システムが持つ最新の情報が反映されています。
 この認証を行うことで,悪意を持った者が本学構成員になりすまして情報システムへのアクセスすることを防止し,本学の情報システムが管理する学生や職員等に関する個人情報の保護を実現しています。


◆ 広大IDと広大パスワード
・ 広大IDの通知
 次の方法で通知されますが,広大パスワードを登録するまでは利用できません。
 学生のうち正規生(学部生,大学院生,専攻科生)については,学生証配布時に通知された「初期パスワード」は速やかに「パスワードの変更」に掲載の方法で変更を行ってください。 職員のうち4/1採用・10/1採用で正規の職員証発行手続きに間に合った場合は,職員証配付時に「初期パスワード」が通知されますので,速やかに「パスワードの変更」に掲載の方法で変更を行ってください。
 パスワードは,学生については入学日から,職員については採用日から登録もしくは変更することができます。
身分種別 広大ID 広大パスワード
登録 変更
学生 正規生(学部生,大学院生,専攻科生) 学生番号 「初期パスワード」を学生証配布時に通知 パスワードの変更」に掲載の方法によりWeb上で変更
非正規生(科目等履修生,研究生等)
パスワード登録窓口」で登録
職員 職員番号
本学と一定のかかわりを有する学外者 (以下「学外者」) 電子認証を利用する場合は受入部局・部署において確認

・ パスワード登録窓口
 本人確認ができる身分証(学生証または職員証),許可書等を窓口まで持参して登録手続きを行ってください。
 また,窓口設置のパスワード強制変更端末で本人自らが直接パスワードを入力します。「 パスワードポリシー(作成上のルール) 」を参考に予めパスワードを決めていただくと手続きがスムーズに進みます。
地区 設置場所 担当グループ等
東広島 総合科学研究科支援室 学生支援担当
文学研究科支援室
教育学研究科支援室
社会科学研究科支援室
理学研究科支援室
先端物質科学研究科支援室
工学研究科支援室
生物圏科学研究科支援室
国際協力研究科支援室
情報メディア教育研究センター 本館1F,
北分室:中央図書館1F,
西分室:西図書館2F
教育室教育部:東広島地区 教育支援グループ:学生プラザ3F西
社会産学連携室情報部 情報化推進グループ:法人本部4F東
霞地区運営支援部 総務グループ:研究棟A1F,原医研1F
病院運営支援部 総務グループ
情報メディア教育研究センター 霞分室:医学部基礎講義棟1F
東千田 東千田地区支援室
教育室教育部:翠地区 附属学校支援グループ(翠地区):事務室
東雲 教育室教育部:東雲地区 附属学校支援グループ(東雲地区):事務室
三原 教育室教育部:三原地区 附属学校支援グループ(三原地区):事務室
福山 教育室教育部:福山地区 附属学校支援グループ(福山地区):事務室


・ パスワード取扱の注意事項
パスワードが漏えいし悪用されると,その利用者が被害に遭うだけでなく,本学の情報システム全体を停止させる場合もあります。
パスワードは,「 パスワードポリシー(作成上のルール) 」を参考に設定し,自己の責任で適正に管理してください。
 特に注意すべき点は,次の通りです。
  1. パスワードを他人に漏らしたり,盗まれないように管理すること。
  2. パスワードは,6か月程度を目安として定期的に変更し管理すること。
  3. 複数のサービスで同じパスワードの使い回しをしない。
※特に,学外のサービス(Google,Apple,Amazonなど)で利用しているパスワードと同じものを設定しないこと。
・ パスワードの変更
 パスワード変更は,次のホームページにおいて行ってください。
 情報メディア教育研究センターのホームページ
http://www.media.hiroshima-u.ac.jp/services/reg/password

・ パスワードを忘れたときは
 パスワードは暗号化されて登録されているため,お問い合わせいただいても調べることができません。
 本人確認ができる身分証(学生証または職員証),許可書等を「 パスワード登録窓口 」まで持参して,新しいパスワードの登録手続きを行ってください。